日本の伝統に則る

伝統ある神社で執り行われる結婚式は神社挙式と呼ばれ、近年注目されています。
近年は定番の教会やホテルよりも、日本の伝統に則り本格的な挙式で結ばれたいと神社挙式を選ぶ方が増加しています。
結婚式をきっかけとして、挙式した神社に初詣されたり、子供を授かった報告や、出産後もお宮参りや七五三で、永きにわたって神社とのご縁が築けるのも、神社挙式の魅力といえます。
神社挙式の衣装は、和装でなければいけないというきまりはなく、ウェディングドレスでも行うことはできます。
しかし、神社挙式を行う際の、日本ならではの伝統的な衣装といえば、白無垢姿の和装となります。
白無垢は、衣装や小物を全身白一色で揃えた日本の伝統和装となります。
綿帽子を合わせることができるのは、白無垢だけとされています。
神社挙式(神前式)の会場は、大きく分けて3つ考えられます。
本格的な神社と、ホテルや専門式場に併設された神殿が会場であったり、出張で神主が式を司る架設神殿が会場という場合とがあります。
由緒正しい神社でも、信仰にかかわらず条件なしで受け入れてくれるのが、神社挙式の魅力のひとつです。
以前は、参列者は両家の親族のみに限られていましたが、最近では来賓も参列できる神社が増加傾向にあります。
もともと神社挙式は、神殿という聖なる場で、家と家が神の前で契りを交わし、新郎・新婦と両家の繁栄を祈ることが目的でした。
ゆえに、スペースの関係で収容人数にも制限がありました。
前述しましたように、収容人数の多い会場では、友人や知人の参列も認めている会場も増えていますが、挙式の中での「親族杯の儀」の儀式は、親族だけとする会場も存在します。
親族杯の儀とは、儀式の中でお神酒をいただく儀式のことです。
神社挙式の祝詞は、古い独特の言い回しとなりますので、すらすら読むのは難しいものです。
心配なところは、事前に練習しておかれることをおすすめします。
一生の思い出となる結婚式を、神前式で挙げてみるのはいかがでしょうか。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930